プロフィール

POT@チキチュリP

Author:POT@チキチュリP

VOCALOIDのKAITOを弄り倒して喜んでいるダメな大人です。たまにニコニコ動画に青い動画をうpしてます。
ニコではチキチュリPという名をいただきました。ありがとうございます。
ボカロはKAITO・ミク・がくぽ・キヨテル・VY2・リンレンAppend・歌手音ピコ・BIG-AL・ガチャッポイド・ZOLA・YOHIOloidを所有。とりあえず、もっと修行します…。

ニコニコ動画マイリスト
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ReWireVSTを使ってみた-自分用メモ
64bit環境でもReWireが使いたい!ってことで、ReWireVSTなるものを使ってみました。
これから書くことは、超激初心者の自分用メモですので、どうかお手柔らかに…。
動けば良い派なので詳しい事とか良くわかっていません。スミマセン。
もし、致命的ミスをしていればコッソリ教えていただけると嬉しいです。

私はボカロ調声の際、ReWireを使っていました。
↓きっかけはアイスP様の、たびたび紹介させていただいているこの動画

オケと同期できるし、リアルタイムで聞きながらエフェクトもかけられるので、完成イメージが近くなり、重宝していました。

しかし、64bit環境ではReWireは使えないと…。
このままではいつものように調声できない!どうしよう!ってことで見つけたのが以下の記事。
「藤本健の“DTMステーション”」
http://www.dtmstation.com/archives/51688019.html

なんということでしょう!早速英語のページにガクブルしながらPAYPALで購入しました。
しかし、頭が悪いので、どうやって使えばいいのか…エイゴだしw

色々ググッたり、憧れのちょいワルP様の記事をコッソリ拝見させていただいたりw、色々手探りでやって、やっと出来ました!
ということで、自分用メモとして残しておきます。

■CUBASE6(以下我が家の愛称:QBさん)での使い方

【1】DLしたReWireVSTをVSTプラグインフォルダに放り込みます。

【2】Cubase 64bit版を起動します。テキトーにプロジェクトを作ります。

【3】デバイス→VSTインストゥルメントを開きます。
c02.jpg

【4】黒い部分をクリックしてReWireVSTを選びます。
c03.jpg

【5】MIDIトラック作成しますか?を無視してキャンセル
c05.jpg

【6】VSTインストゥルメントのReWireVSTと表示されてるすぐ左横の矢印みたいなボタンをクリック。
c04.jpg

【7】「全出力を有効化」にします。(調声の際、後から補助トラック追加したりするので、一応、全部有効化にしてます)
c06.jpg

【8】トラックがずらっと出来ます。上2つはステレオで、3OUTからモノラルのトラック1に該当します。
c07.jpg

【9】ReWireVSTのウィンドウも開くので、<none>って部分をクリックして、VOCALOIDを選びます。
c08.jpg

【10】KAITOさんが張り切って勝手に起きて来ます。ボカロ2の皆さんは優しく起こしてあげてください。

【11】KAITOさんの準備をします。設定→オーディオ→デバイスを開きます。(日本語化してます。あしからず)
c16.jpg

【12】私の場合、色々調声中トラック分けしたり異なるエフェクトかける場合もあるので、ReWire(All Tracks)を選びます。channelはモノラルで。
c10.jpg

【13】KAITOさんとQBさんのテンポを合わせます。KAITOさんは左上のテンポの所の数字をクリックするだけで、テンポ変更のウィンドウが表示されます。
c11.jpg

QBさんはプロジェクト→テンポトラックで開き、ポイントをドラッグして任意のテンポのところに持って行きます。もしくは固定テンポの場合、トランスポートパネルのTEMPOが「FIXED」(固定)ってなってる部分をダブルクリックして直接テンポ入力でいいのかな。
c13.jpgc14.jpg

【14】そして、あとはKAITOさんにノートを入力して、Synth ReWire Prepボタンを押してQBさんに情報を送り、QBさん側でいざ再生!なんですが…。ここからが大変でした。
c12.jpg

【15】うちの環境だけかもしれませんが、1小節目から再生すると音がなりません…orz
適当に2小節目くらいのところから再生すると音がなります。
これに気付くまでに、どれだけかかったことか…泣
c15.jpg


ちなみに、MusicCreator4の場合はちゃんと1小節目から再生して音がなりました。
結局原因は分からないのですが、今は【15】の方法で凌いでます(;´∀`)

MC4(SONAR系)の場合は上の手順どおり、VSTインストゥルメントの変わりに表示→シンセラックを開いて、「+」ボタンを押してReWireVSTを選んでください。
ReWireVSTでボカロを選択するとプラグインシンセの挿入オプションが出てくるので、トラック分けする場合はマルチアウト用モノオーディオトラックにチェックすればOK。
あ、あと、MC4さんの場合、トラック追加して、オーディオでもなんでもいいのでインポートしないと再生されません。
例えば、オーディオトラック追加してオケのWAVやMP3をインポートしてあげればいいんじゃないでしょうか。

長くなりましたが、これで64bit環境でもKAITOさんはのびのび歌ってくれています。
エフェクトをコッテコテに挿し込んでも64bit環境なので快適です!!

しかし、スタート地点に立つまでに…な、長かった…www
こんなの需要あるかどうか分かりませんが、同じように悩んでた方の参考に少しでもなれば幸いです。




DTM奮闘記 | 【2012-01-15(Sun) 22:06:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

WEB CLAP
pixiv
pixiv.gif
カウンター
現在の閲覧者
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。